投稿

ベンチプラス110㎏ 達成!

107.5㎏ で何ヶ月も足踏みしていたベンチプレスの重量だけど、ついに、ようやく、110㎏達成しました。 110㎏は今年の目標だったので、2月で達成しちゃいました。まだ11ヶ月あるのでBIG3の3種目とも10㎏プラスを目標として、今年のBIG3の目標は440㎏にしよう! 20204年の目標 BIG3で440㎏ ベンチプレス120㎏ スクワット160㎏ デッドリフト160㎏

A7のレバーベルト

イメージ
  BIG3で400kgが達成できた記念に?ご褒美にA7のレバーベルトを買いました。 LINEで友達になると10%OFFのキャンペーンがあったので、少しだけお得に買えちゃいました。 それでも送料まで入れて35,155円とビックリするほど高かった。 今まで使っていたSBD パワーリフティングベルトだって29,580円でメッチャ高いって思っていたのに、5,000円以上も高いんだから。 でも黒いベルトにつや消し黒とつや消し銀色でA7のロゴがはいり、カッコイイ! これでモチベーションが上がって、記録も上がっていけば安い買い物だわ。 頑張ってトレーニングしよう!!

BIG3で400㎏達成!

イメージ
 先月ベンチプレス100kg、スクワット150㎏ができていて、今日デッドリフトで150㎏をひくことができたので、目標だったBIG3で400㎏を達成することができました。 ベンチプレス100㎏はめっちゃくちゃ嬉しかったけど、スクワットやデッドリフトの150㎏はやったらできるだろうなと思っていて、やってみたらスッとできちゃったので、嬉しさは全くなかった。 まぁ、これで、次の目標は各10㎏UPでBIG3で430㎏が目標になります。 HPSトレーニングの目標設定をそれぞれ10㎏アップで設定し直して頑張ろう。 7週後に達成できるかどうかは自分自身の頑張りにかかっている。頑張ろう!!

スクワット150kg

イメージ
スクワットはまだHPSトレーニングを始めてはいないんだけれど、 最近身体のコンディションが良いので、Maxチャレンジをやってみた。 今まで、Maxチャレンジはやったことがなく、トレーニングでは140kg5レップができていたので、150kgはいけるだろうとは思っていた。 60kg5レップ、100kg5レップ、120kg5レップ、140kg1レップときて最後に150kgにチャレンジ。 結果はできました。 HPSトレーニングに取り組んだら7週目には165kgいけそう!! BIG3で400kgを目標にしていたけど、デッドリフトで150kgだせば達成しちゃう。 デッドリフトは苦手で、あまり練習はしていなかったけど、130kg5レップ3セットはやれているので、Maxチャレンジで150kgやってみよう。BIG3で400kgいけるかな。

今日ベンチプレス100Kg挙げたから、今日は100Kg記念日

イメージ
筋トレをやっている人なら、誰もが目標とするのはベンチプレス100Kgだと思います。 少なくともわたしはそうでした。 2019年11月から筋トレを始めて、最初は50Kg、そして3年間コツコツとトレーニングを続けて、今日100Kgを挙げることができました。 97.5Kgでズート停滞していたんだけど、YouTubeでBIG HIDEこと山岸秀匡さんの山岸秀匡ノウハウchでBIG3を伸ばすのにはサイクルトレーニングが有効だというのを観てGoogleで検索してみたら、HPSトレーニング法というのが出てきました。 HPSトレーニング法とは筋肥大(H)、パワー(P)、筋力(S)の3種類のトレーニングを1週間で全ておこなうトレーニング法で、トレーニングを行う順番も大切で、筋肥大(H)→休息→パワー(P)→休息→筋力(S)→休息の順番で行い、7周目には110%にパワーアップするというトレーニング方法です。 今日は始めてから3週目のパワーの日。パワーの日は爆発的挙上で1レップを4回なので、筋疲労がほとんど無いので、効果を確かめるつもりで100Kgにチャレンジしてみました。 そしてら、ラックアップであれ?軽いかもという感じで、楽に挙がっちゃいました。 なんだか、あっけない感じで100Kg挙がっちゃった。いままで何ヶ月も停滞していたのがナンだったんだろうと言う感じです。 『今日ベンチプレス100 Kg 挙げたから、今日は100 Kg 記念日 』 とします。 調子に乗って102.5Kgに上げてみたら、潰れちゃいました。

残念!クロアチアにPK戦負け

イメージ
 我らが日本代表は「FIFA ワールドカップ カタール 2022」決勝トーナメント1回戦でクロアチアと対戦しベスト8を目指して闘った。 前半終了間際に前田大然のシュートでリードしたが、後半に右サイドからのクロスからヘディングシュートを決められて同点。これ、いつもやられているパターン。 その後は三苫のドリブルから、カットインしてのシュートなど惜しい場面もあったが、得点は奪えずに延長120分を闘って決着が付かずにPK戦となった。 PK戦は1番手の南野、2番手の三苫、4番手の吉田が相手ゴールキーパーにストップされ1−3での敗戦となった。 結果は残念だったけど、我らが日本代表はよく闘ってくれた。120分では負けていないし。胸を張って帰ってきて欲しい。

スゴイ!スペインにまで勝利!でE組首位通過

イメージ
 カタールワールドカップグループリーグ第3戦。第2戦で楽勝かと思われていたコスタリカにまさかの敗戦で、第3戦のスペイン戦は絶対に勝たなければいけない一戦。 細かいことを言えば、引分けでもドイツとコスタリカが引き分ければ・・・とか、メディアはごちゃごちゃ解説しているけど、勝って勝ち点を6にするのがなんと言っても一番。 ここに来て、森保采配は、前半はとにかく耐えて耐えて最少失点で抑える。後半の頭からは、堂安と三苫を入れてラッシュをかける。 正にこの作戦がピッタっとはまり2−1での逆転勝ちで勝ち点6。E組首位通過となった。 決勝トーナメントの1回戦はクロアチア。クロアチアも、強豪なので気が抜けない。日本代表の皆さんはしっかりとリカバリーして頑張ってもらいたい。 Fight!ニッポン